2019-06-06-11.11.45-750x563

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
   にほんブログ村 政治ブログへ

サムスン電子が今年4~6月期に日本モバイル市場で6年ぶりに最も高いシェアを記録した。現地で今年5月に発売された「Galaxy(ギャラクシー)S10」の販売量が例年に比べて増加した結果だ。 

26日、市場調査期間ストラテジー・アナリティクス(SA)によると、サムスン電子は4-6月期の日本スマートフォン市場でシェア9.8%(出荷量60万台)を記録した。
現地の市場シェア2位で、サムスン内部では内心ふた桁シェアも期待する雰囲気だ。

日本はアップルの人気が特に高い地域だ。今回の調査でもアップルのシェアは半分を超えた50.8%であることが分かった。昨年同期と比べると、アップルは45.6%から50.8%に、サムスン電子は8.8%から9.8%に伸びた。

アップルとサムスンに続いてシャープ(7.2%)やソニー(7.0%)などの現地企業が3~4位を占めた。シャープは前年同期(5.1%)比2.1%ポイント上昇したが、ソニーは10.3%で3.3%ポイントの落ち込みとなった。
同じ期間、中国ファーウェイ(華為)は5.9%(4位)から3.3%(5位)にシェアを落とした。米国トランプ政府の通商強硬策で日本の通信キャリア各社がファーウェイフォンの販売を今年5月から約1カ月間、一時的に中断したためだ。

SAの調査で、サムスン電子が10%に届くシェアを達成したのは2013年以後6年ぶりとなる。アップルが初の大画面スマートフォンであるiPhone6を発売した2015年(4.3%)と、
その翌年である2016年(3.4%)には5%未満にとどまった。2017年から反騰を始めて5.2%、2018年6.4%に上昇の勢いに乗った。

サムスンはこれまで、日本市場攻略のためのさまざまな試みを繰り返していた。今年7月には現地トップシェアを誇るNTTドコモを通じて五輪限定モデル「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」を発売した。
スマートフォン裏面と無線イヤホン「Galaxy Buzz」に、来年開かれる東京五輪のエンブレムを刻印した。

サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長も日本国内のモバイル事業拡大に力を注いでいる。3カ月前の今年5月には、東京にあるNTTドコモとKDDI本社を訪問して両者の経営陣と5世代(5G)移動通信事業について意見を交わした。
3月には東京にオープンした大規模体験館「Galaxy Harajuku」を訪れて日本消費者の反応をチェックした。


https://japanese.joins.com/article/936/256936.html

a2650e37

・ソニーのシェア4位は草。Xperiaは?

楽天もシムフリーのGalaxyS10とA7の投入を決めた模様

・フラッグシップ級AndroidってGalaxy一択な気がするわ

xperia1カメラセンサー、サムスンにするからな・・・

・なんでSamsungは頑なにベゼルレス作らんのや。パンチホールもいらんわ

xperiaから乗り換えたけどあのワケわからん縦長フォルムじゃなくなったらすぐ戻すわ

・note8だが2画面が地味に便利や。YouTube見ながらなんJ見れる

ソニーとかいう一人負けブランド

・エッジのせいでフィルム貼りにくくね?

相変わらず日本だと林檎の一強やな

・Xperia1がGalaxyの下位互換だったからな

何だかんだで最後勝つのはファーウェイなんですけどね

・インカメをディスプレイ透過にしてイヤホンジャックつけてくれたらs11絶対買うわ

5インチ以下のGalaxy出せや。はやくSEから機種変したいわ

・わたくしHTC推しでして

note高すぎやねん。ゲームとかやらんからスペック落として安くしてほしい

・ナショナリズムは現代の市場主義には絶対勝てないからな

XPERIAってAQUOSにすら負けてたのな


Galaxy S10
主力製品であるGalaxy S10と Galaxy S10+のほかに、Galaxy S10eと呼ばれる小型モデル、および5G対応の大型バージョンGalaxy S10 5Gがあるが日本ではS10、S10+のみの展開となる。日本での発売は2019年5月。7月には東京2020オリンピック限定モデルが10,000台限定でドコモから発売されている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/Samsung_Galaxy_S10