wst1907260027-p1

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
   にほんブログ村 政治ブログへ

 経団連は13日、政府に提出する令和2年度の税制改正の提言を発表した。企業の国際競争力強化に向け、親会社と子会社の損益を合算して法人税を計算する連結納税制度の見直しが重要としたほか、企業のベンチャー投資への税制優遇などを求めた。

 また、社会保障制度改革については「給付と負担の見直しといった改革を急ぐべきだ」「歳入システムを含めた検討が必要だ」と提言。将来の10%を超える消費税率引き上げの必要性に直接ふれなかったが、経団連はこうした選択肢も視野に年内に社会保障改革と財政一体改革の提言をまとめる。

 政府は、連結納税の普及を目指し、煩雑な手続きの簡素化を進めている。連結納税は親会社と完全子会社の課税所得を合算する制度で、親会社と子会社の黒字と赤字を合算してグループ全体の法人税負担を軽減できる利点がある。

 また、中期の課題として法人税の実行税率について、現行の29・74%から25%程度に引き下げるべきだとした。

https://www.sankei.com/smp/economy/news/190913/ecn1909130014-s1.html
a2650e37

・抜け穴ばかり利用して給料は上げない、アホか

内部留保金をもっと貯めるで~

・日本の格差がこうして広がります

なんでこいつら業界団体のために国民全員がワリを食わせられなきゃいけないんだよ

・国民のためのことなんてちっともやってねえじゃん

社会保障の恩恵を一番受けている世代がこんな矛盾したことを言うとは

・トリクルダウンも詐欺だったからな

給料上がる可能性が出てきたら、海外からの安い労働者を入れて抑えるんだからトリクルダウンなんて起こるわけ無いよな

・経団連を敵視しながら経団連の意向に沿った安倍の政策を熱烈に支持するネトウヨの頭のなさ

経団連から国民を守る党は誰もやんないのか?

・搾取する側がほんと遠慮なしになったよな

従業員に還元もせず、更に投資もせず、溜め込むだけの能力しかないくせに、法人税をさげろとは片腹いたいわ

・社会保障維持するための消費税増税でしょ?ここで法人税下げたら意味ないやん。以前の消費税増税の時も社会保障に使うと言って約束反故にされとるのに

増税しても結局経団連の法人税引き下げに使われるだけ

・社員に給料払うのは嫌だし当然税金も払うのも嫌・・・どんだけ強欲なんだよ

なんのためのシステムなのかを忘れ、システム維持することだけが目的になってるよな・・・

・今日も奴隷を扱き使って不正をして得た金て喰う飯がうまいw

労働派遣法で企業が出す社会保障費は、安くなってるのにねえ


内部留保は過去最大
財務省が二日に発表した二〇一八年度の法人企業統計(金融・保険業を除く)は、企業が蓄えた内部留保に当たる「利益剰余金」が前年度比3・7%増の四百六十三兆一千三百八億円と、七年連続で過去最高を更新した。一方、働く人たちの賃金は伸び悩み、企業の利益とは対照的だった。専門家は、景気の不透明感から、もうけを賃金に振り向けない現状が続くとみる。 

 利益剰余金の内訳は、製造業が百六十三兆六千十二億円、非製造業が二百九十九兆五千二百九十六億円で、いずれも過去最高を更新。一八年度は世界経済の拡大で好調な企業業績が続いた。

 企業が手元に残す「現金・預金」は約二百二十三兆円で、十年前の〇八年度の約一・五倍に膨らんだが、働く人たちの賃金に当たる「人件費」は伸び悩む。一八年度は約二百八兆円で、〇八年度の約百九十七兆円に比べて5・6%の増加にとどまった。企業が稼いだお金のうち、従業員の給与やボーナスなどに回された割合を示す「労働分配率」も、十年間で74%から66%に下落している。

 賃金が伸び悩んでいる理由について、第一生命経済研究所の熊野英生氏は「バブル崩壊後に国内企業の安定志向が強まったから」と説明。企業は十月の消費税増税などで景気の先行きを不安視しているといい「利益を賃金に回さない傾向は続くのでは」と推測する。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201909/CK2019090302000129.html