d33418-2-155249-1

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
   にほんブログ村 政治ブログへ

 日がどんどん過ぎてゆき、今年も早くもクリスマスがそこに近づいてきました。

 寂庵では、秘書のまなほのお腹にいる赤ちゃんが、みるみる育って、毎朝、まなほが寂庵に来て、

「お早よう」
 
と、私の寝室へ飛び込んで来る度、目に見えて大きくなっているお腹が、まだベッドの私に力強く迫ってくるので、恐怖を感じます。

 はちきれそうな大きな西瓜が二つくらい入っていそうなお腹から、今にも赤ちゃんが飛び出してきそうな迫力です。赤ちゃんは男の子で、鼻が高いそうです。今では何でもそういうことが機械でわかるそうですね。まなほは、鼻の高い赤ちゃんは、自分に似ていると決めています。私はわざと、

「九十七歳の私が見てきた限り、美男美女の親の赤ちゃんに、案外、ブスちゃんが生まれているのよね、どうしてかな」

など、まなほが逆上しておそいかかってくるような、意地悪を言ってやります。

 でも内心では、この子は凄くイケメンで頭がよく、将来ノーベル賞を貰うような人物になるだろうと信じています。

 私には昭和十九年八月一日に、北京で生まれた娘があり、彼女の子が産んだひ孫が、三人も出来ましたが、三人とも女の子です。まなほのお腹の赤ちゃんが、自分の男の子の赤ちゃんのような気がしています。

 つい最近の法話の日のことでした。道場に百六十人ほどが、ぎゅうぎゅうにつめこまれて座っていました。いつものように私の話が終わり、質疑応答の時間になった時、座の中央あたりから、紳士が一人で手を挙げてマイクを求めました。堂々とした初老の紳士が立って話されました。

「私は、北京で寂聴さんが、女の赤ちゃんを産まれた病院の、院長の息子です」

「ああっ!」と私は悲鳴をあげました。産気づいて、ヤンチヨ(人力車)に乗って、夫と二人でその病院へ行った空の、冴え渡った月の光をはっきりと覚えています。 西単(シイタン)の中ほどの路地の奥に、こぢんまりとしたその産院があり、院長先生はおだやかな物腰の、やさしい紳士でした。その明け方、私は嘘のような安産で、娘を産んだのです。

 今、その娘は七十五歳の未亡人になっていますが、二人の子を産んだので、孫が三人も出来ています。私にとってはひ孫です。三人とも女の子で英語しか話せません。北京の院長先生は、引き揚げて和歌山の方でお暮しでしたが、よく御家族に私のことを話されたとのことでした。私も文通をして、そのうちお逢いしましょうと言いながら、果たせず、亡くなられたのでした。

 ヨコオさん、人間って、生きていたら、死ぬまでに思いがけないことが起こりますね。私はさすがに、全身が老衰のため、みるみる弱ってきましたが、新しい年を何とか迎えられそうです。あるいはクリスマス過ぎに、ぽっくりあちらへ旅立つかも。それもまたよし。

 ヨコオさんに倣って、私もせいぜいこの世の残りの時間を、愉しく、美味しく送りましょう。では、またね。いい夢を─。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191128-00000017-sasahi-life&p=2
a2650e37

・そういうことを言っている人ほどさらに長生きしてしまうものよ、この世ってやつは

いっちまうんだから、しょうがない

・来年も再来年も言ってそうw

仏門に入った人間なのにクリスマスって何だよw

・朝からA5和牛のステーキ喰えるんだもん、しぶといわな

尼は夜更けすぎに~

・こういうこと言ってる人ほどなかなか死なない

いろいろ業が深すぎて閻魔大王もお迎えに来れないよ

・ライバルの樹木希林が亡くなった今、完全に独走状態やん

悟った風な外見とは裏腹に清々しいまでに欲望のままに生きてる人。羨ましい

・人生楽しんだもん勝ちやで

限界までストレスを感じず生きたらどれくらい寿命が伸びるかのサンプルだとも思ってる

・自分の遺言すら本にして金稼ぐどん欲さは流石

この人よく叩かれてるけど雑誌の連載でわりといい事書いてるよ

・おまえらケータイ恋愛小説家の"ぱーぷる"さんはこいつやぞ?

若い頃は美人


瀬戸内寂聴
旧名・瀬戸内晴美。1922年、徳島市塀裏町生まれ。実家は仏壇店。1943年、東京女子大学国語専攻部を卒業。在学中に結婚し、夫の任地である北京へ同行。帰国後、夫の教え子と恋に落ち離婚。上京し、文筆活動を始める。

56年『女子大生・曲愛玲』で新潮同人雑誌賞受賞。57年に発表した『花芯』がポルノと評され失意の日を送るが、60年伝記文学に新局面を開いた『田村俊子』(第一回田村俊子賞)で再起。この頃の不倫体験を描いた63年『夏の終り』で第2回女流文学賞を受賞し、作家としての地位を築いた。以後、『かの子撩乱』『美は乱調にあり』『青鞜』など強烈な女たちの伝記的小説を多数執筆。また西行、一遍、良寛の出家の動機をさぐる仏教三部作『白道』(芸術選奨文部大臣賞)、『花に問え』(谷崎潤一郎賞)、『手毬』を発表。この間、78年中尊寺で得度受戒、『寂聴』の仏子号を得る。

97年文化功労者、2006年文化勲章を受章 。98年『源氏物語』の現代語全訳完成。ほかに『女人源氏物語』『わたしの源氏物語』『歩く源氏物語』『源氏物語の脇役たち』など。


https://www.radiodays.jp/artist/show/209