Dp_ezoTU0AA3mPH

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
   にほんブログ村 政治ブログへ

アメリカ西部ワシントン州の地方紙に、ある日本人留学生の勇気ある行動を伝える記事が掲載され反響を呼んでいます。留学先の高校のロゴマークに原子爆弾でできたキノコ雲のデザインが使われていることに1人、疑問の声を上げたのです。

ワシントン州のリッチランドは、長崎に投下された原子爆弾に使われたプルトニウムが生産された町で、地元の高校のロゴマークにキノコ雲のデザインが使われるなど、住民の多くはその歴史を誇りとしてきました。

福岡県の高校3年生、古賀野々華さんは、こうした背景を知らないまま、交換留学で現地の高校に通うことになりました。 しかし、学校に通う中で、ロゴマークや町の歴史について知り、地元の人たちの原爆に対する考え方を学ぶ中で、みずからが原爆についてどう感じているかを伝えたいと思うようになったということです。
そして、学校の教師やホストファミリーの後押しを受けて、先月30日、放送を学ぶ生徒たちが、校内向けに制作する動画に出演し、自分の意見を伝えました。

動画で古賀さんは「リッチランド高校では、キノコ雲のロゴは皆に愛され、いろんな所に掲げられています。自分にとってのキノコ雲は犠牲になった人と今の平和を心に刻むものです。キノコ雲の下にいたのは、兵士ではなく市民でした。罪のない人たちの命を奪うことを誇りに感じるべきでしょうか」と問いかけています。

ツイッターには、古賀さんの行動をたたえる声や、キノコ雲のロゴマークへの批判が投稿されるなど反響を呼びました。

英語のツイートの中には、「ロゴマークを変える時が来たのではないか。これは平和のために活動する人への侮辱になる」とか、「今は1945年ではない。このロゴマークに違和感を覚えない人はあわれだ」などといったキノコ雲のデザインに批判的なコメントが目立ちます。

一方、「長崎や広島につながりのある人たちにとっては受け入れがたいことかもしれないが、あれらの爆弾は、他の多数の日本人の命を救うことにつながった」とか、「戦争を終わらせたというのは誇りに思ってよいことだと思う」という投稿もありました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190613/k10011950881000.html

DgOzXxX

NkF238f4wZc96rYmdhGh4Bum55fwH7tO5puIqCX4cfY=
管理人3

・この子は偉いな。勇気ある

BTS叩いてたネトウヨ、なぜかこの件にはダンマリ

・原爆は日本人が白人だったら使ってない

長崎の教会を焼き払ったんだよな

・男は戦地にいかされてるから原爆で犠牲になったのはほとんどが女子供。どれほど残忍な兵器がわかるよね

麻生炭鉱はどうなんだ?

・日本も大和ミュージアムを観光施設にしてるがどうなん?

BTSに怒ってたネトウヨ出番だ!アメリカ様に文句を言え!

・いやでも原爆の是非はともかく殺戮兵器の生産地としてそれを誇るっていうのはちょっと感覚として分からんわ 

長崎はどう考えてもプルトニウム型も試したかったから落としたよね

・日本人の命を救ったっていう詭弁。原爆を落とさずやれよ。それこそ政治家を攻撃すりゃ嫌でも終わっただろ

普通にドン引き。なんだこの町は 

・ちょうど神に祈りを捧げていたキリスト教徒の真上に落としたことを教えてやるべきでは

そもそもアメリカは原爆を悪と思ってないんだから。その辺で拳銃売ってる国だぜ?

・シャツに怒ったウヨさんは何をしてるんや?

実は日本にもこういうとこ多いよ。過去の日本軍を肯定してるようなとこ

・昭和天皇「戦争中なので仕方が無かった」

こんなリアルFallout世界あったんだな